HOW IT WORKS

製品の使い方

製品の特徴

ORDER

開発ストーリー

STORY

HOME

よくある質問・レシピ

FAQRECIPE

RETAILERS

販売店

ONLINE SHOP

オンラインショップ

  • Facebook Social Icon
  • Instagram Social Icon

おすすめレシピ

アメリカンプレスを使用した様々なレシピをご紹介します!
是非お試しください。

​◆石田謙介バリスタ直伝のアイスコーヒーのレシピ

​コーヒー粉(中煎り・中挽き): 18g

​お湯 : 200ml

​200mlの目安

お湯200mlの目安はカラフェの2つめと3つめの

目盛りの間が約200mlとなります。

抽出時間と手順

①カラフェにお湯を200ml入れる

②ポッドに入ったコーヒー粉を30秒かけてお湯につける 

1分30秒蒸らす 

30秒かけてプレスし抽出 

 

​氷をたくさん入れたグラスに注いで完成です。

​石田謙介バリスタ

◆ティーミクソロジスト 加藤裕さんおすすめの紅茶やお茶を淹れるときのベストプレス法とレシピ

 お湯:355ml

 お湯の温度:約80℃

  

 イビスカスやフルーツハーブティー

 (ドライフルーツが入っている場合)

 茶葉 : 10g   蒸らし : 5分  

  

 ハーブティー

 茶葉 : 5g     蒸らし : 5分  

 紅茶やルイボスティー

 茶葉 : 4g     蒸らし : 3分  

 日本茶

 茶葉 : 2g     蒸らし : 3分  

*使用される茶葉により異なりますので、茶葉に表示されている情報を参考にお好みの濃さやフレーバーに調節してください

 


 抽出手順

 

 ①カラフェにお湯を入れる

 ②ポッドに入った茶葉を一度下までプレスし、その後上に引き上げポッド全体がしっかりお湯に浸かるように蒸らす

 ③プレスし抽出

*味の広がりをより楽しみたいときは、蒸らしている途中で一度プレスを押し切り、再度引き上げて蒸らしてみてください。

(蒸らす工程時間の半分が経過したとき)

 

*茶葉全体を下までプレスしてから上にあげることにより、お湯の中で対流し、茶葉が広がり風味が引き立ち易くなります。

   アメリカンプレスで抽出することにより、茶葉はポッドの中で保護されているのでフィルターに直接押しつぶされることなく、

 適度な水圧による優しい抽出が出来ます。

 抽出後も渋みが出ず、よりしっかりとしたフレーバーも楽しめます。

Brewing Tea with AMERICAN PRESS

  by  THEODOR JAPON

General Manager  

Chife Tea Mixologist

Yu Kato  加藤 裕 氏​

紅茶葉はジャンピングさせたほうがいいですか?

ジャンピングは紅茶の抽出方法の一つですが、どのポッドにも適しているわけではありません。

ジャンピングに適しているポッドは洗浄に時間を要し、時間が経てば味が濃く渋くなります。

 

*アメリカンプレスで紅茶を抽出するおすすめポイント

・手軽さ ・お手入れが簡単 ・温度の減少が少ない ・味が濃くなりにくい

   

okaffe.kyoto  岡田章宏バリスタ直伝の 「アメリカンプレス用コーヒートニック」と「アイリッシュコーヒー」のレシピ

​《コーヒートニック 二人分》

​お湯 : 150ml

コーヒー粉(浅煎り・中挽き) :26g 

​ガムシロップ :2個(各20mlを2人分)

​トニックウォーター : 220ml

ライム : 一切れずつ

抽出手順

①アメリカンプレスで上記のレシピを元にコーヒーを抽出ポッドをお湯に浸けて、上のフィルターからコーヒーが溢れて

 ブクブクし始めたら止めて蒸らしに入る。
 蒸らし:1分
 プレス:1分(通常よりお湯が少ないのでゆっくりとプレスする)

②各グラスにガムシロップと多めの氷を入れ、トニックウォーターを注いで静かに混ぜる


③ ②にストローを先に添えてから、トニックウォーターの上に①のコーヒーをアメリカンプレスからグラスに静かに少しずつ注ぐ


④ライムを添えて出来上がり

 

*ストローを先に入れておくと、コーヒーとトニックが混ざらず綺麗な層が楽しめます。

*トニックウォーターは、柑橘類の皮の成分、ハーブ、糖分などが入ったほのかで爽やかな風味と香りが特徴的な炭酸水ですが、

 トニックウォーターとコーヒーの香ばしさがバランス良く楽しめます。

*コーヒー抽出直後の温かい間に、ほんの少しのグラニュー糖を足して、コーヒーとトニックウォーターの味のバランスを

   調整することもできます。コーヒーとトニックが綺麗な二層に仕上げられるように、砂糖の量はほんの少しにしてください。
 

アイリッシュコーヒー by Barista Akihiro Okada

​お湯 : 160ml

コーヒー粉(ダンディブレンド) 26g 

​ウィスキー :30cc

和三盆砂糖): 10g

生クリーム : 50g

抽出手順

カラフェに お湯160ml、 ウイスキー30㏄、 和三盆(砂糖)10gをセット
 普段の抽出手順同様にポッドにコーヒーをセットし、ウイスキーと和三盆が溶けたお湯にコーヒーを蒸らし抽出

 ベースコーヒーの完成

 

のベースコーヒーに生クリームを浮かせる

*生クリームは、市販の小型ハンドブレーダーまたは、シェーカーなどで、適度なクリーミーさを出し、

 そっとコーヒーに浮かせてください。

アメリカンプレスinstagramページ より岡田バリスタの抽出動画がご確認頂けます

◆KOFFEE MAMEYA 三木隆真バリスタに学ぶアメリカンプレスの抽出方法をご紹介します

抽出手順

①カラフェとカップにお湯を入れて予め温めておく

②中細挽き~中挽きにしたコーヒー粉(ドリップ用と同じ)20gをポッドに入れる

③カラフェを温めたお湯を捨て、90℃のお湯を300ml注ぐ

④ポッドに入れたコーヒー全体にお湯が浸るまでプレスして止め、上部からガスを放出させながら30秒~60秒間 蒸らして待つ

⑤蒸らしの後、1分から1分半、更にプレス。 蒸らしも含めて約2分プレスして出来上がり

⑥そのまま攪拌すると雑味が出てしまうので、他のサーバー等に移して濃度を一定にしつつ、

 温めておいたカップのお湯を捨て、お召し上がりください

約235mlが抽出でき、大きいカップならたっぷり1杯、小さいカップなら2杯分です。

 出来上がったコーヒーは、雑味なくクリアな味がお楽しみ頂けます。

アメリカンプレスinstagramページ にて画像と共により詳しくご紹介しています。

​コーヒー粉(中細挽き~中挽き): 20g

​お湯 : 300ml(90℃)

上田真也リスタに学ぶアメリカンプレスの抽出方法をご紹介します

浅煎りの豆に適したレシピです。浅煎りの豆でお試しください。

抽出手順

①中細挽きのコーヒー粉15gをポッドに入れ、88℃のお湯250mlをカラフェに注ぐ

②ポッドがお湯に浸かるまで押し下げ、40秒蒸らす

 40秒の蒸らしが終わったら、気持ち早めに下まで押し下げる。

③押し下げたポッドを上に引き上げ、再度下まで押し下げる

④ ③の工程を約2分ほど繰り返して完成。カップに注いでお召し上がりください。

 

*約200mlが抽出でき、お一人分にちょうどいい量が抽出出来ます。

 

プレスの工程を繰り返す新しいレシピ!是非お試しください。

アメリカンプレスinstagramページ にて上田バリスタの抽出動画がご覧いただけます。

​コーヒー粉(中細挽き): 15g

​お湯 : 250ml(88℃)

​◆コーヒーカクテルのレシピ

​    塚田奈央バリスタによるアメリカンプレスを使ったアイリッシュコーヒーのレシピ

      instagramから動画等もご覧いただけます。

   抽出手順

 

    ①コーヒー豆をグラインドして、セットする。


    ②カラフェにウイスキーとお湯を入れ、プレスして30秒蒸らす。
     その後2分かけてゆっくりとプレス。


    ③グラスにきび砂糖をいれ、アメリカンプレスで抽出したコーヒーを注ぎ混ぜる。


    ④滑らかに立てた生クリームをフロートさせる。

   * 最初にウイスキーをお湯とミックスしてそのままアメリカンプレスでコーヒーを抽出することによりウイスキーの甘味が引き出され、

     ゆっくりとプレスすることによりコーヒーの味や質感もしっかりと出ます。

   * 中煎りで特徴的なフレーバーの生きるコーヒー豆がおすすめです

 

  ◆メキシカンコーヒーのレシピ

    instagramから動画等もご覧いただけます。

  

           抽出手順

    ①30mlのコーヒーベースのリキュールをカップに入れる。

    ②アメリカンプレスのカラフェ(容器)に30mlのテキーラを入れ、カラフェの355ml線までお湯を注ぐ。

    ③お好みのコーヒー豆をポッドにセットし、通常通りの手順でコーヒーを抽出する。

    ④抽出したコーヒーをコーヒーベースのリキュールが入ったカップに注ぎ、ホイップクリームをのせ、

     シナモンスティックを入れれば出来上がり。

​お湯 : 180ml(85℃)

中挽きのコーヒー粉 : 14g 

アイリッシュウイスキー : 30ml 

きび砂糖 : 5g 

生クリーム : 45ml 

​お湯 : 約320ml

コーヒー粉 : お好みの量 

コーヒーベースリキュール : 30ml

テキーラ : 30mi 

生クリーム : 適量

シナモンスティック :1本 

Vu Tran Phihung (トラン)さん考案の《 グレープフルーツとクローブ香るコーヒートニック 》のレシピをご紹介します。

コーヒー粉(Honduras La Fortuna 20g

クローブ : 4粒

グレープフルーツピール : 2片

《 Base Infused Coffee 》(6杯分)

抽出手順

 

①上記のベースインフューズドコーヒーの材料をポッドに詰め、90℃のお湯で抽出。

②抽出する際に、下記の動作を繰り返す。

(コーヒートニック用として濃い目に抽出し、スパイスとピールの味と香りを水圧によりコーヒーに乳化をさせるイメージでプレス。)

 1分30秒 蒸らし

    ↓
 30秒 押す

    ↓
 10秒 引き上げる

    ↓
 10秒 押す

    ↓
 10秒 引き上げる

    ↓
 10秒 押す

 

③コーヒーが温かいうちに、ハチミツとグレープフルーツのシロップ 50ml を加える。

 *Ants. Meals&Coffee Barのオリジナルシロップになりますが、ガムシロップ、ハチミツ、フレッシュグレープフルーツの果肉を合わせ、

      甘くなりすぎないように水も加えて、 軽く煮たものでも代用できます。

 



 

 

 

 

 

 コーヒーとトニックウォーターの組み合わせは最近馴染みの出てきた夏のコーヒードリンクですが、このレシピは、さらに夏らしさを感じる

 爽やかさを演出するために、特にトニックとの相性がよい「グレープフルーツ」をセレクトし、飲みながら、ドライグレープフルーツを食べて、

 味の変化を楽しんでいただけます。

 ぜひ、皆さまお試しください!

 Hope you enjoy your special coffee drink with American Press!!

1人分のレシピ》

上記インフューズド・コーヒー : 40ml

トニックウォーター : 80ml

グレープフルーツピール : 1枚

ドライグレープフルーツ : 1/2スライス

◆デットクスウォーターも簡単に作れます。

​   ポッドにレモンやライム、きゅうりやしょうがなどの

   お好みの野菜やフルーツ、ハーブを少しづつ入れ、

   カラフェにミネラルウォーターを入れて

   ポッドを上下にプレスするだけで圧がかかり

   簡単にデトックスウォーターをお楽しみ頂けます。

   お好みの材料でいろいろなフレーバーをお楽しみください。

    

HOW IT WORKS

製品の使い方

ORDER

製品の特徴

開発ストーリー

STORY

よくある質問・レシピ

FAQ・RECIPE

RETAILERS

販売店

ONLINE SHOP

オンラインショップ

当サイト内の画像・文章等の無断転載・複製を禁止します。

Copyright(C) 2020 Ark Trading.Inc.