歴史

ニューヨーク州北部にあるアディロンダック州立公園として知られる広大なアディロンダック山系には、アメリカ先住民であるモホーク族、アルゴンキン族、イロコイ族等が住んでいました。
この森林地帯での狩猟や魚釣り等に必要な重い物を運ぶのに使われたバスケットが、アディロンダック・パックバスケットの始まりです。
最も初期のアディロンダック・パックバスケットは、ブラックアッシュの木を手で叩いて細く割り、パックに物がより多く入るように外側を若干丸く膨らましたパック構造と、底は平らになる設計で、中に物が入っていなくても安定して立つデザインを開発しました。
1800年代以後、パックはリクリエーション用に使われるようになり、アディロンダックの歴史の重要な一部として、これまで受け継がれ存続してきました。

このアディロンダック・パックバスケットは、ADK Packworks™による内部に折り畳み式のフレームという革新的なデザインに進化させ、配送、運搬、保管がより簡単になり、海水浴、ピクニック、家庭菜園、ハイキング、趣味の道具箱といった目的にも使え、学校、会社、買い物など幅広い用途に使えるようになりました

創造性

バッグは軽量で頑丈、内部のフレームは折り畳み式で平たく収納が簡単、中が空の状態でも安定して立つ、立方的なデザインで、ストラップは長さが調整可能なので、2本の取っ手式、ショルダー式、バックパック式に使えます。Packbasketの中に収納できるクーラーパックも別売しています。

当サイト内の画像・文章等の無断転載・複製を禁止します。

Copyright(C) 2020 Ark Trading.Inc.